としまアート夏まつり2021 子どもに見せたい舞台vol.15

ダンス劇『マリーの夢』

主催 | 7/3一般発売

出演者変更のお知らせ

平素より弊財団の事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
本公演に出演を予定しておりました五十嵐結也さんは、諸事情によりやむなく降板することとなりました。
代わりまして、ATSUSHI(Blue Print)さんにご出演いただきます。
出演者・スタッフ一同、引き続き、開幕を目指して努めてまいります。
出演を楽しみにしてくださっていた皆様、ご関係の皆様にご心配とご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。

============
★発売日変更のお知らせ★

都合により発売日を変更させていただくことになりました。

豊島区民先着先行発売 6月12日(土曜)⇒ 7月2日(金曜)
一般発売 6月13日(日曜)⇒ 7月3日(土曜)

ご迷惑をおかけいたします事、心よりお詫び申し上げます。
ご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

============

三大バレエ「くるみ割り人形」の原作として知られる
童話「クルミわりとネズミの王さま」(ホフマン作)を題材に
喋る・歌う・踊る「ダンス劇」で繰り広げる幻想的な物語

<あらすじ>
マリーは、3きょうだいの末娘。ある年のクリスマス。
たくさんのプレゼントのなかでマリーがいちばん気に入ったのは、
大好きなドロッセルマイヤーおじさんがくれた不格好なくるみ割り人形でした。

ドロッセルマイヤーおじさんが語る「かたいくるみのおはなし」
とは。ネズミの王さまとくるみ割り人形の秘密とは。
マリーの夢は、本当に夢なの!? 
それとも......!?
夢と現実が入り混じる幻想的な物語のはじまりはじまり!

============
★あうるすぽっとへご来場の際はこちらを必ずご一読ください。

キャスト/スタッフ

【原作】「 クルミわりとネズミの王さま」E.T.A.ホフマン作 上田真而子訳(岩波書店刊)
【作・演出・振付】熊谷拓明
【美術】松岡泉 【音楽・音響】余田崇徳 【照明】影山雄一 【衣裳】生田志織
【ヘアメイク】タカダヒカル 【台詞ケア】久世孝臣 【舞台監督】鈴木章友   
【宣伝美術】ヒゲプロ 【プロデューサー】師岡斐子


【出演】
鴨川てんし(燐光群) ATSUSHI(Blue Print) 岡本 優(TABATHA) 中村 蓉 
東出宜子※ 原 佑介※ 稲葉由佳利※ 福島玖宇也※ 熊谷拓明※ 
(※=踊る「熊谷拓明」カンパニー)


鴨川てんし
鴨川てんし
ATSUSHI(Blue Print)
ATSUSHI(Blue Print)
岡本 優
岡本 優
中村 蓉
撮影=前澤秀登
中村 蓉
東出宜子
東出宜子
原 佑介
原 佑介
稲葉由佳利
稲葉由佳利
福島玖宇也
福島玖宇也
熊谷拓明
※撮影=川面健吾
熊谷拓明

『マリーの夢』 上演に向けて                   

小学生の頃から短い脚本を書いて、友達にビデオカメラの前で演じてもらっていました。そしたら今度は中学生時代に出会った「ダンス」に魅せられ、いつしか海外で踊る日々が来て、そしてこれまでに熱中した事、夢見た事の点と点が繋がり41歳になりました。
そんな現在、ダンス劇「マリーの夢」を創作する事は僕の生活にワクワクをプレゼントしてくれました。
8月にこの作品に出会う全ての子ども達、大人達にワクワクを届けたい。
お待ちしております。
                                         熊谷拓明 


これまでのワークショップ・レクチャーのご案内
これまでの公演のご案内
ページ上部へもどる