SF時代活劇 

『虹色とうがらし』

7/10一般発売

『虹色とうがらし』
チラシダウンロード

漫画界のレジェンド・あだち充の異色作、30年の時を経て舞台化!
時代考証口出し無用のSF時代活劇が幕を開ける!


七味(長江崚行)は、母親の他界をきっかけに、6人の異母兄弟が暮らすからくり長屋に身を寄せる。実は彼らは将軍・秋光(松田賢二)が若かりし頃に訪れた村々で出会った女性との間に生まれた子ども達。本人たちはそんなこととはつゆ知らず、日々平和に暮らしていた。七味もすぐに打ち解けたが、次男で絵描きの旅人・麻次郎(荒井敦史)とはすれ違い、唯一の女兄弟・菜種(伊波杏樹)とだけは、どうにもお互い素直になれず...。
ある時、「一人だけ血の繋がらない者がいるかもしれない?」との噂が流れたが、兄弟たちはそんな話を一蹴し、それぞれの故郷と母親の墓参りを巡る旅に出る。
暗躍する謎の浮浪者・浮論(沢村 玲)、突如現れた異人、将軍家のお家騒動にも巻き込まれた、兄弟たちの旅の行く末は...?
地球とよく似た未来の話、時代考証口出し無用のSF時代活劇が幕を開ける!

■原作『虹色とうがらし』
1990年~1992年にかけて、週刊少年サンデーにて連載。
七兄弟を中心に織りなすラブコメとアクションが魅力の、あだち充作品の中でも異色のSF時代劇。
文庫コミックスは全6巻発売中。
まんがアプリ「サンデーうぇぶり」などで電子コミックも発売中。

============
★あうるすぽっとへご来場の際はこちらを必ずご一読ください。

【スタッフ・キャスト】

【原作】あだち充「虹色とうがらし」(小学館 少年サンデーコミックス刊)
【脚本】鳥澄若多    【演出】佐藤慎哉(アナログスイッチ)
【出演】 長江崚行 伊波杏樹 沢村玲(ONE N' ONLY)/荒井敦史/松田賢二 他


公式サイト

これまでのワークショップ・レクチャーのご案内
これまでの公演のご案内
ページ上部へもどる