『クリシェ』

主催 | 11/29開始

この戯曲の原形は、1994年(ネオ・グラン=ギニョル三部作)第一弾として、川村 毅作・演出 第三エロチカ公演、シードホール(シブヤ西武シード10階)、愛知県芸術劇場小ホール、扇町ミュージアムスクエア・10周年記念公演、福岡・住吉神社能楽殿にて上演したものです。
[グラン=ギニョル]とは19世紀末にパリに存在した大衆芝居から派生した言葉で、つまりは単純明快な娯楽恐怖劇のシリーズでした。

いつかこの作品を加納幸和さんと川村 毅の「姉妹」で上演したい! 永年の願い叶い、遂に同い年のお二人が還暦を迎える記念に、上演する運びとなりました。

物語の舞台は、社会から断絶して中年姉妹二人きりで暮らしている館。
映画「何がジェーンに起こったか?」のように、二人は元・人気女優です。
子役スターだった妹は、今は老いさらばえた姿にもかかわらず、本人の時は止まったまま。
美しい姉は、交通事故で車椅子生活となり女優を引退し、意地悪な妹の世話になっています 。
二人は、館で元・子役たちを集め、演劇学校のようなものをやっています。
語り部として登場するの は、映画「サンセット大通り」の売れないシナリオライターのように、劇作家募集の広告に応募してきた若い劇作家の男。
映画同様にもう「死体」のようです......。

サスペンスの名映画へのオマージュ、[クリシェ]、すなわち紋切型のメロドラマ、怪優・川村 毅の久々の女役出演も併せ、どうぞご堪能ください。

往年のハリウッド女優の魂が、果てしなく私を「女優」へと向かわせる。
フィルムのあなた、私に取り憑け! ―川村 毅―

キャスト/スタッフ

【作・演出】川村 毅


【照明】浜野洋平(ファットオフィイス) 【音響】原島正治(舞台音響 囃組)
【衣裳】伊藤かよみ 【ヘアメイク】川村和枝(p.bird) 【演出助手】小松主税
【舞台監督】小笠原幹夫(劇工房 双真) 【宣伝写真】ノニータ 
【宣伝美術】町口 覚(マッチアンドカンパニー) 【製作】平井佳子(ティーファクトリー)


【出演】
加納幸和 鈴木裕樹 笠木 誠 秋葉陽司 
松原綾央 高木珠里 伊東 潤 川村 毅 


公式サイト

関連するトピックス

ページ上部へもどる