梅田宏明+Somatic Field Project 

『2 - taxon』

タイアップ | 発売中

『2 - taxon』
チラシダウンロード

ダンス、テクノロジーアート、音楽など国内外で多ジャンルに渡り活躍する梅田宏明が、自身のソロ作品の再演のほか、 2つの振付作品新作からなるトリプルビルを上演。
自身のプロジェクト「Somatic Field Project」のダンサー出演のダンス作品新作、シーンのトップレベルで活躍するヒップホップダンサー3名を招いてのダンス作品新作に加え、これまでに世界約20ヵ国・45都市で上演されてきた自身のソロ『Holistic Strata』も上演する。また、ロビーではVRインスタレーションの新作も展示予定。

=============
プログラム | Program
Holistic Strata
2011年に山口情報芸術センター(YCAM)で制作され、これまでに世界20ヵ国以上で上演されてきた梅田の代表作の一つ。ダンス作品もビジュアルアートの一部と定義し、人・光・音の境なく空間を振り付ける。

ヒップホップダンサー出演 新作[世界初演]
国内のヒップホップダンスシーンの最前線で活躍する3名のダンサーを招き、ダンサーの柔靭な身体性と梅田の振付システムを融合させ、舞台作品に発展させる。

Somatic Field Project ダンサー出演 新作[世界初演]
梅田が自身の経験より構築してきた「Kinetic Force Method」を用いたトレーニングを重ねたダンサーを起用したSomatic Field Project最新作品。

VRインスタレーション展示
MUTEK.JPとのコラボレーションにより、梅田のVRインスタレーションのプロトタイプを展示。
※ 2~3分のVR作品ですが、一度に体験できるのが8名様までとなります。開演時間の1時間前よりご体験いただけますので、お時間には余裕を持ってお越しください。 ==============
☆ポストトークゲスト決定☆
6月15日(土曜)19時の回:中村勇吾 氏[インターフェースデザイナー]
6月16日(日曜)15時の回:畠中実 氏[NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員

●中村勇吾
ウェブデザイナー/インターフェースデザイナー/映像ディレクター。1970年奈良県生まれ。
東京大学大学院工学部卒業。多摩美術大学教授。1998年よりウェブデザイン、インターフェースデザインの分野に携わる。2004年にデザインスタジオ「tha ltd.」を設立。以後、数多くのウェブサイトや映像のアートディレクション/デザイン/プログラミングの分野で横断/縦断的に活動を続けている。主な仕事に、ユニクロの一連のウェブディレクション、KDDIスマートフォン端末「INFOBAR」のUIデザイン、NHK教育番組「デザインあ」のディレクションなど。主な受賞に、カンヌ国際広告賞グランプリ、東京インタラクティブ・アド・アワードグランプリ、TDC賞グランプリ、毎日デザイン賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞など。

●畠中 実
1968年生まれ。NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員。2000年の「サウンド・アート―― 音というメディア」展以降、多くの展覧会を手がける。近年の企画は「坂本龍一 with 高谷史郎|設置音楽2 IS YOUR TIME」(2017年)。ほか、個展企画も多数行なっている。美術および音楽批評。
=============

キャスト/スタッフ

【振付・演出】梅田宏明


【出演】
梅田宏明 AYUMI Chika-J YULI 中村優希 加賀田フェレナ 大塚郁実
京極朋彦 熊谷理沙 小松菜々子 齊藤コン 三田真央 原 正樹(予定)


プロフィール
梅田 宏明(うめだ ひろあき)|振付・出演
2002年より自身の振付作品がパリ・シャイヨー国立劇場など世界各地に招聘され、これまでの公演先は世界40ヵ国/150都市以上に上る。作品では振付、ダンスだけでなくサウンド・映像・照明デザインも手がけ、作品はテクノロジーアートや音楽の分野などでも多く上演されている。身体的感覚にフォーカスしたインスタレーションも制作しており、映像作品は21_21 DESIGH SIGHTの「AUDIO ARCHITECTURE展」で展示されたほか、ドーム型映像作品も世界複数のフェスティバルで受賞し、上映されている。


公式サイト

梅田宏明+Somatic Field Project『2 - taxon』宣伝動画

梅田宏明ソロ『Holistic Strata -extract』

ページ上部へもどる