【情報公開】新木宏典、片岡千之助、W主演で贈る トニー賞制覇作品! 青春群像劇『ヒストリーボーイズ』上演決定!

2022年読売演劇大賞、上半期作品賞ベスト5に選出されたCEDARが、この度英米で高く評価され、映画化もされた舞台「ヒストリーボーイズ」を上演します。
イギリスの劇作家であるアラン・ベネットによる戯曲「ヒストリーボーイズ」はオックスフォード大学やケンブリッジ大学を目指す個性豊かな男子高校生たちの葛藤と成長、教師との対立などをユーモアたっぷりに描く中で、現代日本にも通じる、真の教育とはなにか、そして豊かな人間とは...を鋭く浮き彫りにした作品です。
そんな本作を以前から演出したいと熱望していたのが、今まで数々の国内外の優れた戯曲に挑んできた演出家松森望宏です。松森は、熱烈な言論劇に正統的スタイルで取り組む力量と緻密に人間像を形成していく演出に定評があり、本作品にどのように切り込んでいくか、注目が集まります。

そして、斬新で徹底した受験指導を行う新人教師アーウィン役に、2.5次元舞台からストレートプレイまで幅広く活躍する新木宏典。学生の中でリーダー的な存在デイキン役に、歌舞伎界のホープであり、様々な分野で注目を浴びている片岡千之助。本作「ヒストリーボーイズ」は新木宏典・片岡千之助のW主演で挑みます。
校長役にはCEDAR公演『夜への長い旅路』で家族や愛について改めて見つめなおす父親を演じ深く印象を残した長谷川初範。歴史教師リントット役にはコメディからシリアスまで幅広い役どころを演じ存在感のある役者として定評のある増子倭文江。ベテラン教師ヘクター役には舞台・ミュージカル・テレビドラマなど作品ジャンルを問わず活躍し確かな演技と歌唱で作品を牽引する石川禅と個性豊かな出演者が集結しました。

デジタル化が進み、自らの欲望を簡単に満足させられる便利な世界に生きている一方で、人間関係が希薄となり、心の繋がりを感じられず、自分が何を求めていきているのか迷走している現代日本に今届けるべきメッセージが多く込められた本作にどうぞご期待ください。

2024年7月20日(土曜)~28日(日曜)
公演詳細は第二弾情報解禁にて発表致します。

【出演】
アーウィン 新木宏典
デイキン 片岡千之助
校長 長谷川初範
リントット 増子倭文江
ヘクター 石川 禅
ほか

【スタッフ】
作:アラン・ベネット
翻訳:常田景子
演出:松森望宏
製作:児玉奈緒子
著作権代理:シアターライツ
主催・企画・製作:一般社団法人CEDAR/MAパブリッシング

◆CEDAR公式WEBサイト こちらから
◆CEDAR公式Xアカウント こちらhttps://twitter.com/cedar_engeki

2024年04月01日|公演情報


次の記事を見るお知らせ一覧に戻る前の記事を見る

過去のお知らせ

カテゴリ

ページ上部へもどる