お出かけ支援講座

~文化施設でのアクセシビリティを考え、実践する~

申込受付中

お出かけ支援講座
チラシダウンロード

 〝きこえない・きこえづらい〟〝みえない・みえづらい〟方と対面した際に「どう対応すれば良いのか分からなかった」そういった経験をお持ちではないですか? 障害者差別解消法の施行や2020年オリンピック・パラリンピック開催などに向けて、障害者が文化施設に安心して来場できる環境作り〝アクセシビリティ〟の必要性が高まってきています。
 本講座では視覚・聴覚障害当事者から、障害とはどういったことなのか・どのような対応をするとバリアが解消されるかを学び、アクセシビリティの向上を目指します。

視覚障害者お迎え編

2018年10月28日(日曜)
レクチャー 10:00~12:30 
ワークショップ 13:30~16:00
(定員に達しました)



講師:美月めぐみ(みづき・めぐみ)
1964年福島県生まれ。先天性の視覚障害。1985年筑波大学附属盲学校卒。1995年「こうばこの会」で、朗読劇に出演しつつ、脚本・演出・劇中歌の作詞・作曲も担当。2006年より鈴木大輔に師事。現在、演劇結社ばっかりばっかり所属の女優として活動中。バリアフリー映画鑑賞推進団体「CityLights」副代表。自身、30年来の演劇ファンとして、劇場にも足繁く通っている。


美月めぐみ

昨年の講座の様子

聴覚障害者お迎え編

2018年11月3日(土曜・祝)
レクチャー 10:00~12:30 
ワークショップ 13:30~16:00
(定員に達しました)



講師:廣川麻子(ひろかわ・あさこ) 
1994年日本ろう者劇団入団。1995年和光大学卒業。2009年1年間英国にて研修。2012年観劇支援団体シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)設立。全国各地で啓発活動を展開している。平成27年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。2016年第14回読売福祉文化賞(一般部門)をTA-netとして受賞。文化庁文化審議会第15期(2017年度)文化政策部会舞台芸術ワーキンググループ専門委員。


廣川麻子

昨年の講座の様子

講座スケジュール

両日とも 文字支援・手話通訳付き

●レクチャー 10:00~12:30
障害当事者自ら、障害によって感じていること、障害の程度による違い、またどういったバリアが存在しているのかを説明し、「すぐ出来ること」「知識が必要なこと」「プロの助けが必要なこと」の各段階に分け、どのようなサポートが可能で、その際どういったコスト・人手が掛かるのかを交えながら学びます。

休憩

●ワークショップ 13:30~16:00
レクチャーを元に参加者で障害者をお迎えするシミュレーションを行い、サポートのテクニックを習得していきます。
希望者には実習(11月、12月を予定)も行います。

ページ上部へもどる