東アジア文化都市2019豊島 舞台芸術部門 スペシャル事業

『アトカル・マジカル学園』

大人のための演劇教室

『アトカル・マジカル学園』
チラシダウンロード

2019年3月から11月まで実施する『アトカル・マジカル学園』を一足先に体験できるワークショップです。舞台芸術部門事業ディレクターの多田淳之介が講師として、「変身する」をキーワードにした大人のための演劇教室を開講します。このワークショップでは、普段とは異なる立場を考え、演じます。今後、本プログラムは豊島区内の区民ひろば、地域文化創造館を巡回していく予定です。

アトカル・マジカル学園とは
「変身する」をキーワードに舞台芸術を身近に楽しむ教室が区内各地に出張開校。子どもも大人も老若男女全世代に向けたプログラム。

・講師:多田淳之介(ただ・じゅんのすけ)
1976年生まれ。演出家。東京デスロック主宰。富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督。APAFアジア舞台芸術人材育成部門ディレクター。東京芸術祭プランニングチームメンバー。高松市アートディレクター。四国学院大学非常勤講師。古典、現代戯曲、ダンス、パフォーマンス作品まで、現代の当事者性をフォーカスしアクチュアルな作品を立ち上げる。全国の文化施設、教育機関で演劇を専門としない人との創作、ワークショップも積極的に行い、演劇の持つ対話力・協働力を広く伝える。韓国、東南アジアとの海外共同製作も多数。2014年韓国の第50回東亜演劇賞演出賞を外国人として初受賞。

多田淳之介
(C)平岩 享
多田淳之介

公式サイト

ページ上部へもどる