あうるすぽっと 

インターンシップ2019研修生募集

インターンシップ2019研修生募集
チラシダウンロード

短期間に集中した「講義」+「演習」形式のインターンシップ。「講義」のみの参加も受け付けます。
あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)は、舞台芸術の創造・発信・普及の拠点として2007年にオープンした公共劇場です。「国際アート・カルチャー都市」を目指す豊島区・池袋の街づくりに、プロデュース作品の上演や普及事業を通して貢献しています。
あうるすぽっとの2019年インターンシップは、公共劇場および文化行政分野でのキャリアを目指す方や文化施設での勤務経験の浅い方を対象に、短期間集中の「講義」(9回)+「演習」(6回)形式で行います。また、修了後は現場実習にもご参加いただけます。(7月下旬~8月中旬頃にあうるすぽっとが企画制作する公演等を予定)
「東アジア文化都市2019豊島」も開催される本年、ますますその活動が期待されるあうるすぽっとで、劇場の役割や文化政策について学んでみませんか?

研修内容
日本の文化政策、アートマネジメント、劇場法や指定管理者制度などの基礎的な知識を学ぶ講義の後、ファシリテーターと共に演習を行い、知識を実践として再習得します。

演習「劇場の計画を立ててみよう!」(例)
劇場の役割は、その地域によって様々です。地域を想定し、その地域が抱えている課題をふまえ、劇場の果たすべきミッションとそのミッションを達成するための事業を具体的に検討することで、地域における劇場の公共性を考えます。

監修
片山泰輔(かたやま・たいすけ)
静岡文化芸術大学教授/一般社団法人文化政策経営人材研究所統括アドバイザー
専門は財政・公共経済、芸術文化政策。これまでに国や自治体の審議会委員等を数多く歴任し、計画策定、政策評価、補助金審査等に従事。共編著に『アーツ・マネジメント概論 三訂版』(水曜社、2009年)等。2013年度より静岡文化芸術大学において文化庁補助事業として実務家向け教育プログラムを開発・実施。

講義スケジュール(予定)

▼ガイダンス
6/1(土曜)19:00~ ガイダンス(インターンシップ研修生のみ)
▼研修
日曜日 10:00~16:10
1 6/2(日曜)
10:00~12:00 講義1 日本の文化政策1
13:00~14:30 講義2 日本の文化政策2
14:40~16:10 講義3 日本の文化政策3
2 6/16(日曜)
10:00~12:00 講義4 財政と文化政策
13:00~16:10 演習1
3 6/23(日曜)
10:00~12:00 講義5 指定管理者制度と劇場法
13:00~14:30 講義6 アートマネジメントの基礎
14:40~16:10 演習2
4 7/7(日曜)
10:00~12:00 講義7 自治体文化政策と豊島区の文化政策
13:00~14:30 講義8 豊島区の文化政策(ゲスト講師)
14:40~16:10 演習3
5 7/14(日曜)
10:00~12:00 講義9 アートマネジメント各論(ゲスト講師)
13:00~16:10 演習4
6 7/21(日曜)
10:00~12:00 演習5
13:00~16:10 演習6


ページ上部へもどる