豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっとホームページ
ご使用中のブラウザのJavaScriptをONの状態に設定してください。

本文へスキップ

Information

  • コンセプト
  • 施設概要
  • 劇場ご利用案内
  • 「劇場」受付カレンダー
  • 区民シリーズ
  • タイアップシリーズ
  • 会議室ご利用案内
  • 「会議室」受付カレンダー

外部リンク

  1. ホーム
  2. トピックス一覧
  3. インタビュー13

トピックス・インタビュー13

13
INTERVIEW
「6週間のダンスレッスン」草笛光子さん×太川陽介
公演詳細はこちら トピックス一覧へ

新しいキャストを迎えての「6週間のダンスレッスン」再演 親子ほど年の離れた孤独な男女が、ダンスのレッスンを通して、しだいに心を通わせていく――2006年の日本初演以来、好評を呼んで毎年再演されてきた二人芝居『6週間のダンスレッスン』(リチャード・アルフィエリ作、西川信廣演出)。今年は初演以来のベテラン・草笛光子と、新配役の太川陽介のコンビで演じられる。2月下旬、都内の稽古場で2人の話を聞いた。

2010.4.8 INTERVIEW

フロリダの海辺のマンションで一人暮らしをする高齢の未亡人リリーと、彼女のもとにダンスの出張レッスンにやってくるゲイのインストラクターのマイケル。世代的な落差と性格の違いから、2人は激しい対立を繰り返しつつ、しだいに相手を深く理解していく。

4年前の日本初演以来、マイケルは今村ねずみが演じてきたが、今回は太川陽介に交代。
「相手役が変わって、新しい気持ちで取り組んでいます。演技面でも、以前の芝居をなぞらないようにしよう、と。後から入った太川さんは大変だと思います。でも、太川さんは大変さを表に出さず、明るく振る舞っているから、えらいです。台本の読みも深いですよ」と草笛は新しい相手役を高く評価。

太川は前回までの舞台の映像をあえて見ずに稽古に臨んだという。
「先入感なしに真っ白のままで稽古に入りたかったんです」と太川。

そして相手役については、「草笛さんはいつも険しい山に登っているような人です。絶えずトライし続け、上を見ている。なんでこんなにパワーと向上心があるのか」と、草笛の役作りへの強い情熱に驚きを隠さない。
地方公演の間も、草笛は朝、目が覚めると、まず台本を開いてせりふをチェックするほど、役作りに熱心だという。

2人は30年以上前、日本テレビ系の人気テレビドラマ『熱中時代』(1978〜79年放送)で親子の役を演じている。その後も名古屋の中日劇場で共演したことがあるという。

ミュージカル出演が多い太川だが、ダンス・イストラクターの役でスウィング、タンゴ、ワルツ、フォックストロットなどさまざまなダンスを踊るのは大変だという。
「これまで役として踊ってきましたが、実はちゃんとしたダンスはやってないんです。今回は本格的な稽古に入る前にダンスのレッスンを受けました」と太川。
草笛も「新しく加わった太川さんに。むしろ振り回されるようにしています。リリーは振り回されていい役ですからね」と語る。
初演以来、昨年までの上演回数は108回に達した。だが、ダンス・シーンが多いなど、体力を使う作品だけに、草笛が体調不良に苦しむ時期もあったという。
「でも、4年半前から週一回、筋肉トレーニングをして、体を鍛えてきました。だから現在は倒れるようなことはないと思いますよ」と草笛は自信を見せる。

『6週間のダンスレッスン』は2001年にロサンゼルスで初演され、03年にブロードウェイで上演された作品だ。だが、この作品の台本を手にした時、草笛が不思議な符合を感じたという。
「主人公のリリーがあまりにも私自身に似ているので、この作者は私のことを知っているのかと思いました。リリーは難しい人と結婚しましたが、夫が死に、今はマンションで孤独な暮らし。私も夫と別れ、一人暮らし。しかも、ともにかつて踊りをしていたところも同じです」
草笛は松竹歌劇団(SKD)の出身で、『シカゴ』『ラ・マンチャの男』などの数多くのミュージカルに出ているから、ダンス経験は豊富だ。ダンスは「プロ級」というリリーとの共通点は確かにある。

「しかも、私にも今、マイケルみたいな人がいるんです」と草笛はうれしそうに打ち明ける。
「マイケルみたいに私の家に週1回、筋トレに来てくれるトレーナーです。彼は面倒見がよくて、いろいろ私の手助けをしてくれる。だから、リリーはすごく私と重なるんです」

この作品の特徴は、2人の男女がいったん和解しても、翌週になると、すぐにまた新しい対立が起きること。登場人物がすぐに仲直りするような単純な作品ではない。それはこの2人がそれぞれに抱える心の傷の深さのせいでもある。


「この2人はとても寂しい人たちで、しかも、まったく違う価値観を持っている。上演を重ねるうちに、彼らの寂しさと悲しさがやっと分かってきました。だから、この台本を演じるのはとても難しいんです」と草笛。

太川も言う。「普通の芝居なら、劇の途中でもう和解に行きますからね。でも、この作品では彼らが本当に分かり合うのは終わりの方の一瞬で、しかも最後はすっと行く。そこがおしゃれですね」

「おしゃれと言えば、おしゃれだけど、かなりひねくれてもいますよね」と草笛は笑う。

ライフワークとしてこの役に打ち込む草笛光子と、新しい役に挑戦する太川陽介。2人の共同作業は、私たち観客にとっても得難い体験になるに違いない。
PROFILE プロフィール 草笛光子
生年月日:1933年10月22日
出身地:神奈川県
女優

太川陽介
生年月日:1959年1月13日
出身地:京都府
俳優・タレント
INFORMATION

タイアップ公演
10/11 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ
『6週間のダンスレッスン』

6月10日(木)〜27日(日)

初演より上演回数100回を超えて、
2010年新しいダンスレッスンが幕を開ける――

PAGE TOP
あうるすぽっと【豊島区立舞台芸術交流センター】
170-0013 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
TEL.03-5391-0751 FAX.03-5391-0752
(C)2017 OWL SPOT ALL RIGHT RESERVED.

※禁 無断転載