としま未来文化財団あうるすぽっとホームページ
ご使用中のブラウザのJavaScriptをONの状態に設定してください。

『鑑賞者』出演者プロフィール

構成・演出:小野寺修二(おのでら・しゅうじ)
演出家。日本マイム研究所にてマイムを学ぶ。95年、パフォーマンスシアター水と油を結成。06年「水と油」の活動を休止。文化庁新進芸術家海外留学制度の研修員として1年間フランス に滞在する。帰国後、カンパニーデラシネラを立ち上げる。近年の主な演出作品として『カラマーゾフの兄弟』(新国立劇場)、『ゲーム』(神奈川芸術劇場)など。作品はマイムの動きをベースに台詞を取り入れた独自の演出で、世代を超えた観客層の注目を集めている。 また、ダンストリエンナーレトーキョー2012(主催:財団法人児童育成協会他)にて『ロミオとジュリエット』、フェスティバル/トーキョー12(主催:東京都他)においてF/Tモブの振付、瀬戸内国際芸術祭2013にて『人魚姫』を発表など、劇場内にとどまらない、屋外におけるパフォーマンスにも積極的に取組んでいる。
近年は音楽劇や演劇などで、振付の担当もしている。第18回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞を受賞。
http://onoderan.jp/website/

  脚本:高井浩子(たかい・ひろこ)
1995年に劇団「東京タンバリン」を旗揚げ。以降すべての作品の脚本・演出を手掛ける。人間の「心の闇」「負の部分」を日常会話の中にさらりと描き出す。
劇団活動の他に映画監督・本広克行氏と組んでのFabrica3部作、柴咲コウ主演の映画「食堂かたつむり」の脚本など。
http://tanbarin.sunnyday.jp/index.html

  閉じる

(C)2017 OWL SPOT ALL RIGHT RESERVED.