豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっとホームページ
ご使用中のブラウザのJavaScriptをONの状態に設定してください。

本文へスキップ

Information

  • コンセプト
  • 施設概要
  • 劇場ご利用案内
  • 「劇場」受付カレンダー
  • 区民シリーズ
  • タイアップシリーズ
  • 会議室ご利用案内
  • 「会議室」受付カレンダー

外部リンク

  1. ホーム
  2. 公演情報一覧(2010年)
  3. 長短調(または眺め身近め)

公演情報

 

あうるすぽっとチェーホフフェスティバル2010
長短調(またはなが身近みぢかめ)

9月30日(木)〜10月3日(日)

4回

○原作:アントン・チェーホフ (『かもめ』より)
○誤意訳・演出:中野成樹 
○音楽:大谷能生 
○振付:KENTARO!!
○ドラマトゥルク:長島確
○出演:ラップユニット“みずうみ” ほか 詳細はこちら

○主催:(財)としま未来文化財団、豊島区
○企画製作:あうるすぽっと
○助成:芸術文化振興基金

公式サウンドトラック『みずうみのかもめ』headzレーベルより発売中
詳しくはこちら
『長短調(または眺め身近め)』PV  『トレープレフ(新しい戯言)』 『マーシャ(I think about you)』

※オリジナルサウンドトラックより、チェーホフ作「かもめ」に登場する主人公、若き芸術家の『トレープレフ』と
『トレープレフ』に恋こがれる『マーシャ』をつづった2曲を公開!
中野成樹が手がける 『かもめ』 は 、まさかまさかの音楽ライブ?2010年はチェーホフ生誕150周年それを記念し、あうるすぽっとでは2010年4月から12月にかけてチェーホフ作品を多彩なアプローチで上演する「チェーホフフェスティバル」を開催。国内のカンパニー・アーティストが多数参加します。『長短調(または眺め身近め)』は、その中の劇場プロデュース公演として、新進気鋭の演出家・中野成樹氏を迎え、「チェーホフの『かもめ』をラップで上演する」という、斬新なアイディアを舞台化する試みです。演劇なのか?ライブなのか?古典なのか?コンテンポラリーなのか?既成の概念にとらわれることのない「いまの日本のチェーホフ」を表現します。
■『長短調(または眺め身近め)』コンセプト&あらすじ
 新人ラップグループ“みずうみ”が
『かもめ』を 音楽アルバム にしました!今日はそのレコ発ライブ!みんな楽しく騒ごうぜ!・・・そんなコンセプトのもと、この舞台は進行してゆきます。ライブハウス内のステージでは、“みずうみ”が『かもめ』をネタにしたラップチューンを次々に披露。大熱狂のオーディエンス!しかしそんな楽しげな人々の中に、暗〜い顔をした青年が一人いて。ちなみにその青年、名をトレープレフというのですが……。音楽 音楽コンポラミュージックの鬼才 大谷能生 を迎え、「かもめ」上演史にあらたな一頁を記します。お席は、熱狂の「 身近め席(舞台上のライブハウス内/スタンディング・3,500円) 」と、堪能の「 眺め席(劇場客席・3,800円)」の二種類をご用意。 ・・・さあ、どちらにいたしましょう?
■原作『かもめ』あらすじ、と「長短調(または眺め身近め)」について
STORY 原作『かもめ』あらすじ
湖の畔の別荘地。自称小説家・劇作家のトレープレフが野外劇の準備をしている。近隣にすむ、若く美しい娘ニーナを主役に、芝居を上演するのだ。日が暮れて、前衛的な芝居の幕が開くが、彼の実験的な作品を、有名女優でもある母アルカージナはあざ笑う。トレープレフは腹を立て、芝居は中止。ニーナは、アルカージナの愛人で有名作家のトリゴーリンと知り合う。この湖のまわりには、退屈と恋が渦巻いている。ニーナに恋するトレープレフ。トレープレフに恋する娘マーシャ。成功した作家の困難を語るトリゴーリン・・・・・。悩めるトレープレフは、一羽のかもめを殺し、ニーナに贈る。女優になりたいニーナは、トリゴーリンにひかれ、都会に出て行く。
それから二年。作家になったトレープレフ。みながビンゴに興じるなか、ニーナがそっと訪ねてくる。トリゴーリンに捨てられたニーナは、どさ回りの旅役者になっていた。再び、ニーナへの想いの叶わぬトレープレフは、ひとり原稿を破り捨て、自分に向けて引き金を引く。

熱狂の『身近め』、堪能の『眺め』  (ドラマトゥルク:長島確)
今回の舞台はじつに悩ましい二重構造になっている。
中野成樹はチェーホフの『かもめ』をラップのリリックに誤意訳し、異才・大谷能生のプロデュースで、原作の世界観をしっかり伝える強烈なコンセプトアルバムに仕立て上げた。オーディションで選ばれたメンバーを中心とするラップユニット「みずうみ」が、このアルバムを披露するライブを行う。これが一重目。
ところでこのライブは、舞台上に建つライブハウスの内側で行われる。ではその外は? じつは外側にも舞台は広がっていて、そこでも原作にちなんだドラマが黙々とじっとりと進行していくのである。これが二重目。
だから『長短調』は二通りの見方のできる作品だ。いっそこの世界に飛び込んで、ライブハウス内で爆音のラップを全身に浴びるか(ノリノリの身近め席)、ライブハウスの壁越しに熱気を感じつつ、外でうごめく人間模様を眺めるか(じっくりの眺め席)、どちらも一長一短の楽しみ方。さあ、あなたはどちらを選ぶ?

スタッフプロフィールはこちら

■出演
出演:ラップユニット“みずうみ”
(大本卓、岡田誠、木下侑哲、駒木根隆介、溝口善也、
稲継美保、宇都宮萠、斎藤淳子、端田新菜)
シャムラーエフ/トリゴーリン   やまがたひろとも
ポリーナ/アルカージナ   山縣恵子
トレープレフ/メドヴェージェンコ   村上聡一
ニーナ/マーシャ   沢木夏奈子
トリゴーリン/トレープレフ   豪華日替わりゲスト)
かもめ   石橋志保
ジェイソン   福田毅
豪華日替わりゲスト
9/30:永井秀樹(青年団)10/1:松井周(サンプル)10/2:鈴木ユキオ(金魚)10/3:KONTA
※演出の都合上、全ての出演者はご覧いただけません。予めご了承ください。
公演カレンダー
2010年

9月

10月
      30 1 2 3
     
14:00          
19:00          

※受付開始:開演の60分前
※開場:開演の30分前
※上映時間:約65分

チケット情報
料金 席種
「眺め席」か「身近め席」のどちらかを選択。
「眺め席」は劇場の通常の客席
「身近め席」は舞台上にあるライブハウスのフロア・スタンディング。
※演出の都合上、全ての出演者はご覧いただけません。

全席自由・税込
○眺め席(劇場客席) 3,800円
○身近め席(舞台上・スタンディング) 3,500円
○学生券(眺め・身近め席とも) 3,000円
○としま未来友の会 3,000円
※(あうるすぽっとチケットコール・としまみらいチケットセンターのみ取扱)
○友の会について
前売開始 7月21日(水)
としま未来友の会先行 7月14日(水)
チケット
取扱
イープラス http://eplus.jp
チケットぴあ 0570-02-9999
http://t.pia.jp/ (コード:404-491)
あうるすぽっとチケットコール 03-5391-0516
(10:00-19:00/3階事務室にて販売/郵送不可)
としまみらいチケットセンター 03-3590-5321(郵送不可)
オフィス・REN 03-5829-8031 (平日12:00〜18:00)
TICKETS@TOKYO STORY
公演お問合せ
お問合せ あうるすぽっと 03-5391-0751
http://www.owlspot.jp
PAGE TOP
あうるすぽっと【豊島区立舞台芸術交流センター】
170-0013 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
TEL.03-5391-0751 FAX.03-5391-0752
(C)2016 OWL SPOT ALL RIGHT RESERVED.

※禁 無断転載