としま未来文化財団あうるすぽっとホームページ
ご使用中のブラウザのJavaScriptをONの状態に設定してください。

本文へスキップ

Information

  • コンセプト
  • 施設概要
  • 劇場ご利用案内
  • 「劇場」受付カレンダー
  • 区民シリーズ
  • タイアップシリーズ
  • 会議室ご利用案内
  • 「会議室」受付カレンダー

外部リンク

HOME > 公演情報一覧(2009年) >「モスラを待って」

公演情報

プロデュース公演

11月27日(金)〜11月29日(日)

3回公演
あうるすぽっと+ピッコロシアタープロデュース
兵庫県立ピッコロ劇団第35回公演

「モスラを待って」

○作:鄭 義信
○演出:内藤裕敬
○出演:剣 幸(客演)
木全晶子・孫 高宏・平井久美子・森好文・穗積恭平
吉村祐樹・杏華・今井佐知子・木村 保・山田 裕・
角 朝子・橘 義・広瀬綾子・今仲ひろし
(以上、兵庫県立ピッコロ劇団)
※出演者変更のお知らせ→

○主催:(財)としま未来文化財団/豊島区
○製作:あうるすぽっと
○制作:兵庫県立尼崎青少年創造劇場<ピッコロシアター>
○助成:財団法人地域創造

○美術:加藤登美子
○照明:西川佳孝
○音響:奥村 威
○音楽:藤田辰也
○舞台監督:鈴木田竜二
○演出助手:濱崎大介
○制作:田窪哲旨、大段満里子、崎山敦彦、ヲザキ浩実
○広報宣伝:小沼知子
○協力:(株)アトリエ・ダンカン(有)オフィス・エイツー、
(株)オン・ザ・ラン、南河内万歳一座ハートス、T&Crew
(※東京公演・あうるすぽっと)

あうるすぽっと+兵庫県立ピッコロシアター
共同プロデュースによる「モスラを待って」
2007年の初演時に絶賛された、本作が新たな魅力を増して
待望の東京初演です。

「焼肉ドラゴン」で、2008年度の演劇賞を総なめにした鄭義信と、ご存じ、関西の雄・南河内万歳一座座長 内藤裕敬の初顔合わせで 2007年文化庁芸術祭優秀賞を受賞したピッコロ劇団の傑作青春群像劇。
元宝塚歌劇団月組男役のトップスター・剣幸を客演を迎え、鄭氏も脚本を大幅改訂!新たに蘇ります。

演劇、映画、テレビドラマ…縦横無尽に活躍する鄭 義信
鄭義信氏は、劇団『黒テント』をへて、1987年劇団『新宿梁山泊』の旗揚げに参加。「千年の孤独」「人魚伝説」など、ロマンとスペクタクル性にあふれた作品群を発表、96年の退団後にも、『文学座』や『オペラシアターこんにゃく座』、新国立劇場などに多くの話題作を提供しています。特に新国立劇場・日韓合同公演「焼肉ドラゴン」(作・演出)では高い評価を獲得し、平成20年度の演劇賞各賞をそうなめにしました。
映画でも「月はどっちに出ている」「愛を乞うひと」「血と骨」等で脚本賞を数多く受賞、テレビドラマでも、「僕はあした十八になる」(文化庁芸術祭大賞受賞)など多くのシナリオをてがけています。

演出には、関西の雄・南河内万歳一座座長・内藤裕敬
南河内万歳一座座長として、関西小劇場演劇を牽引する内藤裕敬氏は、これまでピッコロ劇団の本公演「雨かしら」「笑う女」の作・演出を通して、また平成19年3月に兵庫県立芸術文化センターで上演した「ハムレット」への客演を通して、ピッコロ劇団俳優陣の個性、実力を知り尽くしています。そんな彼が、鄭氏の戯曲、そして35人の劇団員から選び抜いた15名の出演者で、笑いあり涙ありの心温まる、上質な群像劇を創り上げました。

客演を迎え、パワーアップして東京初上演!!
元宝塚歌劇団月組男役トップスター、剣幸氏を客演に招き、台本も鄭氏が大幅改訂。 よりパワーアップして、平成21年11月、兵庫(ピッコロシアター)、岐阜(可児市文化創造センター)での上演をへて、待望の東京初演となります。
スタッフ・客演の詳しいプロフィールはこちら
稽古の模様をご紹介「稽古場ブログ」はこちら

あらすじ

大晦日、深夜。
とある公園の一画で、「帰って来たモスラ」の撮影が行われようとしていた。
雪も散らつこうかという悪天候の中、撮影はまったく進んではいなかった。
優柔不断な監督、何度もリテイクを繰り返す完全主義者の女性キャメラマン、二人にきれかかっている助監督、険悪な仲の主演女優二人、文句の多いエキストラ……。
その間に立って、制作助手の陽二は孤軍奮闘するものの、事態は悪いほうへ、悪いほうへ……
同棲相手のメイクの沙織にすら、見離される始末……。
そして、除夜の鐘が鳴る中、バトルはヒートアップするばかり……。
はたして映画はクランクアップするのか……。

兵庫県立ピッコロ劇団とは・・・
1994年4月、全国初の県立劇団として創設。ピッコロシアター(兵庫県尼崎市)を拠点に、劇団代表・別役 実の作品をはじめ、第一線で活躍する劇作家の書き下ろしや、内外の珠玉の作品を上演する。また、子どもから大人までを対象とした演劇指導や表現活動の指導を行うなど、公共劇団のパイオニアとして、幅広い活動を展開している。
【受賞歴】
「平成9年度文化庁芸術祭賞<演劇部門>芸術祭優秀賞」
「第32回紀伊國屋演劇賞団体賞」
「平成19年度文化庁芸術祭賞<演劇部門>芸術祭優秀賞」ほか


公演カレンダー

2009年 11月
        27 28 29
       
14:00          
19:00            
※会場は開演の30分前
※未就学児童の入場はご遠慮ください

チケット情報

料金

○一般:4,000円
○学生:3,500円(要学生証)
○豊島区民割引(在住・在勤/要証明書):3,700円
○としま未来友の会:3,500円

○友の会について
○豊島区民割引について 
※一般以外は、あうるすぽっとチケットコール・としまみらいチケットセンターのみ前売取扱
※車いすスペース:2500円 あうるすぽっとチケットコールまで要問合せ

前売開始 9月19日(土)
としま未来友の会先行発売:9月16日(水)
チケット
取扱

あうるすぽっとチケットコール
03-5391-0516
(10:00〜19:00/3階劇場事務所にて販売)

としまみらいチケットセンター
03-3590-5321(郵送不可)

チケットぴあ
0570-02-9999(Pコード:397-627)

イープラス
http://eplus.jp/ (パソコン・携帯)

公演お問い合せ

お問合せ あうるすぽっと
03-5391-0751